サラリーマン金融の審査基準

サラリーマン金融で融資を受けるには借り入れ審査に通る必要があります。サラ金の審査基準は基本的に大手や中小も差がありませんが、審査項目は「年収」「借金総額」「過去の借金履歴」「勤続年数」「家族」これらが重要な審査対象となります。年収は多ければ多いほど有利になりますし、借り入れ件数も少ないほうが有利です。借り入れ件数が4件以上になると、大手の消費者金融では難しいでしょう。また、過去に自己破産をした人も、信用情報機関のブラック対象になっている可能性がありますので、事前の確認が必要です。もしもブラック対象になっていれば、どの金融機関でも審査に通りません。専業主婦や無職なども、総量規制が施行されて以降、審査に通らなくなりました。

クレジットカード信販会社

消費者金融甘い

消費者金融という名称は、もともとサラリーマン金融から変わったものです。一昔前、サラ金会社の厳しい取り立て行為が社会問題化した際、サラ金という名称のイメージが悪化してしまいました。そこから、社会的認知を求めるべく、消費者金融という名称に変わっていったのです。したがって、サラリーマン金融と消費者金融は同義語と考えてもらっていいと思います。現在の消費者金融は大手銀行が資本参加したことから、銀行主体に変化してしまっています。銀行のATMでサラ金のキャッシングが出来るなんて、一昔前では考えられないことでした。そういった大手とは別に、借り入れ件数5件以上の多重債務者を相手にお金を貸しているのが街キンです。彼らは昔のサラ金の流れを汲む人たちで、まだまだ国内には需要が多いのが実情です。何しろ大手銀行系金融は多重債務者には厳しいことから、そういった顧客が街キンに流れるのは自然の流れとったところでしょう。彼らの特徴は審査基準の甘さが売り物で、借り入れ件数が7件以上ブラックにでも融資するような金融屋も存在しています。

審査

確実にキャッシングするための準備

自分の借り入れ件数に合った審査基準の金融会社を選ぶ
借り入れ件数3件以内なら大手サラ金、4件以上なら中小中堅の金融会社、7件以上なら街キンを選択しましょう。
ブラックの確認
信用情報機関のブラック対象となっていれば、100%審査で落とされてしまいます。ブラックか否か心配の方は、信用情報機関に情報公開の請求をしましょう。
金融掲示板の口コミ情報を調べる
ネットの金融掲示板は裏の情報が満載です。ガセネタも多いですが、今一番審査が甘い金融屋などの裏ネタが書かれています。あらかじめ掲示板で口コミを確認しておくのも常套手段の一つです。